忍者ブログ
日々生活をしている中で色々な情報が入ってくる。 その情報の中で気になったこと、ちょっと書き留めておきたいことを載せていきたい。 中心は映画の感想。他にサッカーとか音楽・漫画とか…。 とにかく、色々感じたことを書き留めておく。
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワールドカップの対戦相手は、ご存知の通り
「オーストラリア」「クロアチア」「ブラジル」だけども
最低でも「オーストラリア」と「クロアチア」のときは
使って欲しい!!

この2戦は、どうしても高さで劣るとこが出てくる。
なので、2トップにはヘディングに強い選手が欲しい。
戦術的に高さに対してはスピードっていうのもありだけども
今の日本代表には工夫がないため、やっぱりポンポン
クロスを上げて跳ね返される。だったら少しでも可能性を出すために
高原と巻の2トップで!!

また、高原のプレースタイルはスペースを作って前を向いて
勝負するタイプなので、巻みたいに走り回るプレーは
スペースが作りやすくなるので、結構相性がいいと思う。

それと、中村が居ることは大きい。中村のクロスの特徴は
「ボールが落ちる」っていう特徴がある。
なので、少々前に背の高いDFが居ても高いとこから
落ちてくるので可能性はある。

なので、相手の高さ、当たりの強さ、中村の存在を考慮すると
結構いいかもしれない。
で、巻が走り回って、相手DFが疲れて集中力が切れてきたら
ジョーカーの大黒を投入ってのもありかも!!

最後に・・・巻は本当に諦めないプレーヤー。
DFからすると、がむしゃらにボールを追いかけられると
嫌なものだ><(自分は元DFなので・・・良く分かりますw)
本当に使って欲しい。
決定力不足も、足より頭のが得点確率は高いし・・・。

サッカーノート一覧
カテゴリ別一覧

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]


ブログランキング・にほんブログ村へ

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
巻って誰?ヒディンク監督混乱
 日本代表がW杯1次リーグ初戦(6月12日、カイザースラウテルン)で対戦するオーストラリアのフース・ヒディンク監督(59)が、大逆転で代表入りしたFW巻誠一郎(25=千葉)の選出に困惑していることが16日、分かった。関係者によると巻について「知らない」と....
URL 2006.05.19[Fri]02:03:27
日本代表 巻が日本を救うか
「巻には何もいうことはない。巻はジダンになれない。だけど、ジダンにないものを持っている」。Jリーグのクラブ、ジェフユナイテッド千葉のイビチャ・オシム監督は、ジーコジャパンの“秘密兵器”巻誠一郎をそう評価する。1990年のイタリア大会でユーゴスラビアをベスト8に..
URL 2006.05.27[Sat]13:40:28
忍者ブログ [PR]