忍者ブログ
日々生活をしている中で色々な情報が入ってくる。 その情報の中で気になったこと、ちょっと書き留めておきたいことを載せていきたい。 中心は映画の感想。他にサッカーとか音楽・漫画とか…。 とにかく、色々感じたことを書き留めておく。
[256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アポカリプト


ジャンル:アドベンチャー/アクション/サスペンス

監督   :メル・ギブソン

製作   :メル・ギブソン

      ブルース・デイヴィ
製作総指揮:ヴィッキー・クリスチャンセン
      ネッド・ダウド
脚本   :メル・ギブソン

      ファラド・サフィニア
音楽   :ジェームズ・ホーナー
出演   :ルディ・ヤングブラッド(ジャガー・パウ)
      ダリア・エルナンデス(セブン)
      ジョナサン・ブリューワー(ブランテッド)
      ラオール・トゥルヒロ(ゼロ・ウルフ)

キャッチフレーズ:
マヤ文明、崩壊前夜。
我々は驚異の世界の目撃者となる!

評価:8点

感想:ネタばれあり!
終始、主演のルディさんが…サッカーブラジル代表の「ロナウジーニョ」に
似てるなーって思いつつ鑑賞してましたw
さてさて、この映画は「R-15」指定なんだけども、その理由がよく分かるぐらい
えぐかったのが印象的でした。マジで…エグイしキモイ。。。
ただ、それだけの映画じゃないよくできていて楽しめる作品でした。
舞台はマヤ文明時代のお話だけども…自分はマヤ文明について全く知りませんw
(名前を知ってるぐらい)

でも、特にマヤ文明っていう歴史を知らなくても全然観れます。
個人的には史劇映画ではなく「アクション映画」と感じました。
で、そのアクションが、ほんと素晴らしい!!!!
手に汗握るし、森を逃げ回るとこはスピード感もあったし…
主演のジャガー君は、ハチャメチャに強いわけでもなく
あくまで「森の狩人」っていう設定が、感情移入しやすかった。

(完全ネタばれ)
個人的に好きなシーンがあって…
ジャガー君が、滝を飛び降りて命からがら逃げて…敵を挑発するとこから
底のなし沼から這い上がり…「ニュータイプに覚醒」する。。。
で、戦闘に入ると思いきや…あくまで「狩人」の戦い方をするのが
ほんとによかった!!(吹き矢のシーン大好きw)
このくだりは、敵さんも「プライド」をかけて滝を飛び降りるとこか
敵ながら天晴れだったし、そのときのジャガー君の「マジかよ…」みたいな
演技は圧巻でした。
もちろん、見応えがあったのはここだけじゃなくて…
「家族愛」だとか「生への執念」「人間の残虐性」等々の色々なテーマが
あって、全て上手に表現してるから、ほんと見応えがあった。
ただ、不満は…強引すぎる「予言」wそして、バグの金玉を食べた方の
死に様…もっと切れて誰かしらを道連れにするぐらいの場面は欲しかった。
自分で「道連れにしてやる」って言ってたのに…。
でも、それぐらいっすね。気になったのは。

今回の作品で「メル・ギブソン」っていう監督は、奇才?鬼才?監督の
仲間入りをしたのかなと…個人的に思いました。
(サインの出演で演技は神レベルwというか宇宙人は神!)

▼ランキングご協力お願いします▼
にほんブログ村

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アポカリプト
サッカーのスーパースター、ロナウジーニョがジャングルを走り回る映画。>いや違うって。でも似てる。メルギブソンと言えば、痛い映画パッションを劇場へ観に行った記憶があります。この作品も痛いです。彼はMっ気があるのでしょうか。
URL 2008.06.30[Mon]09:01:58
忍者ブログ [PR]