忍者ブログ
日々生活をしている中で色々な情報が入ってくる。 その情報の中で気になったこと、ちょっと書き留めておきたいことを載せていきたい。 中心は映画の感想。他にサッカーとか音楽・漫画とか…。 とにかく、色々感じたことを書き留めておく。
[120] [119] [115] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サウンド・オブ・サンダー
サウンド・オブ・サンダー

ジャンル:アクション/アドベンチャー/ファンタジー

監督   :ピーター・ハイアムズ
製作   :ハワード・ボールドウィン
      カレン・ボールドウィン
      モシュ・ディアマント
製作総指揮:エリー・サマハ
      ロマーナ・シサローヴァ
      ジョン・ハーディ
脚本   :トーマス・ディーン・ドネリー
      ジョシュア・オッペンハイマー
      グレッグ・ポイリアー
音楽   :ニック・グレニー=スミス
出演   :エドワード・バーンズ(トラヴィス・ライヤー博士)
      キャサリン・マコーマック(ソニア・ランド博士)
      ベン・キングズレー(チャールズ・ハットン)

キャッチフレーズ:
過去を変えた人類に未来はあるのか?

評価:5点

感想:
やっちまった~ヽ(●´ε`●)ノ
なんかねぇ~・・・突っ込みどころ満載w
突っ込みどころ満載映画「デモリションマン」にタメを張るぐらい
じゃないっすかw
もぅ、めちゃくちゃ。。。

内容は
2055年、とうとう「タイムマシン」が出来てタイムトラベルを
楽しめる時代に突入。そして、恐竜が生きていた時代にタイムスリップを
して、恐竜を「ハント」するが・・・そのせいで過去を変えてしまい
現在に生きる人間が・・・

ってな具合で、個人的には「あらすじ」を聞いただけだと
「面白そう」って思ったんだけど・・・Σ(゚д`*;)アッ,アハァ?
やられました;;
まぁ、でも「過去を変えてしまったことが、どのように現在に影響
されるか?」は分からないんっすよね。
実際に、過去に戻ってないから。。。だから「空想の物語」で
あって、いいんだけど…ちょっと強引すぎる気が;;
個人的には「ドラゴンボールZ」の内容が正しいと思ってますw
過去に戻った現実と、過去に戻らない現実があって・・・
むw・・・書くのが難しいぞw なので、やめますw

とりあえず、影響の出た現実に「変な生き物」が沢山出てくるんだけど
「ぇぇ、そんだけしかいないの!?」とか
クライマックスでは・・・人間の姿が完全に変わって笑えましたw

まぁ、B級映画で、気楽に観たい気分のときにはいいかもしれないっすね。

題材が面白そうなだけに、ちと残念っすね。
なんか、脚本家とか、製作総指揮さんが沢山居過ぎて意見が
まとまらなかったのかなぁ・・・

東亜のノート一覧
映画ノート一覧
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
はじめまして
 こんばんは!
 TB&コメント有難うございました。

 この映画、確かに突っ込みどころ満載の重量オーで沈没してしまったような映画でしたね。「そんなんで良いの?」なんて思いながらもベン・キングズレーの変な説教に惑わされてみたり。
 まぁ、こういったデタラメな映画も僕は嫌いじゃないですけどね。『デモリッションマン』ありましたねぇ~。あまり内容を覚えてませんが(笑)、変な映画であった印象だけはシッカリと残っております。

 という事でこれからもよろしくお願いします。
蔵六 URL 2007.02.07[Wed]21:57:46 編集
ぉぉ
蔵六さん、コメントありがとうございます。うれしいっす。

ほんと、突っ込みどころ満載で面白いぐらいです。
正直、自分もデタラメな映画は好きです。
というか、蔵六さんの映画大陸の映画評価って
結構、自分の評価と似てるとこあるんっすよね。
好みが似てるのかもw

こちらこそ、これらかもよろしくお願いします。
東亜 2007.02.08[Thu]19:44:42 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『サウンド・オブ・サンダー』
 最近新聞などを読んでいると宇宙旅行について取り上げられた記事を目にします。  宇宙旅行なんてチョット前までは夢のまた夢の話だと思っていたのですが、少しづつ現実味を増してきているようですね。まだまだ料金が高すぎる(億単位でかかる場合もあるらしいし)ので僕....
URL 2007.02.04[Sun]13:32:14
忍者ブログ [PR]