忍者ブログ
日々生活をしている中で色々な情報が入ってくる。 その情報の中で気になったこと、ちょっと書き留めておきたいことを載せていきたい。 中心は映画の感想。他にサッカーとか音楽・漫画とか…。 とにかく、色々感じたことを書き留めておく。
[123] [122] [120] [119] [115] [113] [112] [111] [110] [109] [108]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

燃ゆるとき
燃ゆるとき
ジャンル:ドラマ

監督   :細野辰興
プロデューサー :鍋島壽夫
      安倍夏彦
      藤尾充
製作指揮 :石畑俊三郎
原作   :高杉良
脚本   :鈴木智
音楽   :川崎真弘
出演   :中井貴一
      大塚寧々
      長谷川初範
      中村育二
      津川雅彦
      伊武雅刀
      鹿賀丈史
      サマンサ・ヒーリー

キャッチフレーズ:
守りたいんだ! 信じてくれた人たちを…

評価:8点

感想:
うん、いい映画だった^^日本人の魂が伝わってきましたねw
まぁちょっと展開が急すぎて「?」と思うとこが多々あったので
ちと残念っす。もっと長くてもいいし、何回か分けるのもありだと思う。
テーマが壮大なだけに「2時間弱」では表現しきれない感がありました。
んでも、伝えたいことはしっかりしていて、共感できる部分あるし
全体的にいい映画だと思うっす。

内容は、日本企業のカップラーメンを作る会社がアメリカへ進出し
思うように業績が伸びない。ましてや閉鎖になる直前まで追い込まれて
いて、何とか経営を立て直そうと、努力する日本企業のお話です。
原作は「企業小説の第一人者の高杉良さん」です。初めて耳にする方
ですが、ちとこの映画を観て興味がわきました^^

んで、この映画を観ていて、思ったのが今の日本に、これだけ
熱い情熱を持った社長さんなど上に立つ方々、そして
「社員」を尊重してる会社って、そうそう無いんじゃないでしょうか。
「社員は家族」なんて、ほんと素晴らしい社訓ですね^^
リアルで、ほんとにこんな会社って数少ないんではないでしょうか。

まぁ、自分は平社員なので、社長かなんとしゃべる機会なんて
ないので、社長がどんな人かは知りませんがw
前の会社では、社長に自分は嫌われてたし、嫌ってましたw
自分のことはさておき・・・会社に愛情を持てる社員。そして
社員に愛情の持てる会社って・・・そんなとこで働いてみたいw
ってか、自分の仕事にこれほど熱意を持てるなんて尊敬しますね。
また、接待って日本式の営業なんだって初めて知りましたw
とりあえず、日本とアメリカの経営理念がまったく違うので
新鮮でしたねぇ~セクハラ問題とか色々・・・
企業として「勝ち残っていく」っていう大変さを知りました^^

という風に、日本の1社会人として勉強になります。
ほんといい映画でした^^

東亜のノート一覧
映画ノート一覧
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
これは凄いです。 集中して読んでください。
驚愕の5大プロジェクト】稼働中!豪華8大特典は期間限定です。ありえないサービスを体感して下さい。あなたに質問です!「競馬予想業界に大革命!あなたの資金が285倍になったら競馬をやめられますか?」・・・当商品は、まさに競馬予想業界を揺るがす大きな存在に...
URL 2007.02.16[Fri]00:21:00
忍者ブログ [PR]