忍者ブログ
日々生活をしている中で色々な情報が入ってくる。 その情報の中で気になったこと、ちょっと書き留めておきたいことを載せていきたい。 中心は映画の感想。他にサッカーとか音楽・漫画とか…。 とにかく、色々感じたことを書き留めておく。
[135] [134] [133] [132] [128] [124] [123] [122] [120] [119] [115]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テキサスチェーンソー
テキサスチェーンソー
ジャンル:ホラー

監督   :マーカス・ニスペル
製作   :マイケル・ベイ
      マイク・フレイス
製作総指揮:ジェフリー・アラード
      テッド・フィールド
      アンドリュー・フォーム
      ブラッド・フラー
脚本   :スコット・コーサー
音楽   :スティーヴ・ジャブロンスキー
出演   :ジェシカ・ビール(エリン)
      エリック・バルフォー(ケンパー)
      ジョナサン・タッカー(モーガン)
      エリカ・リーセン(ペッパー)
      マイク・ヴォーゲル(アンディ)
      アンドリュー・ブリニアースキー(トーマス・ヒューイット/レザーフェイス )
      R・リー・アーメイ(ホイト保安官)

キャッチフレーズ:
悲鳴の祭典。

評価:7点

感想: ※ネタバレあり
ジェシカ・ビール最高!!!!いや~ベッピンさんですなw
初めて観たのは「ブレイド3」だったんだけど…このときにはまりました^^b
エクスタシー」っていう映画もあるので、こっちも観てみたいと思います^^
(エロいらしいですw)

まぁ、冗談はさておき…
アメリカの若者5人組が、まぁワイワイ騒ぎながらコンサートに
行こうとするんです。んで、途中で気が変になってしまった
女性を車に乗せ…いきなり自殺をしてしまいます。
その女性を警察に引き渡そうとして…引渡しの場所へ行ってみると…。

と、まぁこんな具合で、アメリカンホラーの王道でした。
観てて痛いのなんの…思わず「イタイイタイ」って言ってしまいましたw
それくらい、痛いシーンが満載ですw
んで、製作にマイケル・ベイが居て、さすがマイケル・ベイと言った
感じで、ちゃんとまとまってて普通に楽しめました。

ただ…ジェシカ・ビールの恋人役のエリック・バルフォーを殺して
せっかく顔の皮膚を手に入れたのに…つけてるシーンは
1シーンのみ…あのシーンが個人的には一番きしょかった;;
なので、どうせならずっとつけたままの方がインパクトがあったような
気がします。
サイズが合わなかったのかな!?

あと、この手の王道である「エロシーン」はあんまないですw
ぶっちゃけ、ジェシカ・ビールのお色気シーンがあるかな!?
って期待してたんですけど…ちと残念wまぁ、でも色っぽかったですw
演技もうまいし^^これから、やっぱりジェシカ・ビールを追って
いきたいと思います^^

まぁ正直ストーリに色々疑問が残るとこですが
猟奇的な映画っていう意味では「名作」の部類に入ると思います。
単純に怖かったっす^^

最後に…この手のホラーに出てくる女性主役の方々は…
強いですなw尊敬しますw

↓この記事に満足できたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 映画ブログ
↓ブログ管理者に朗報。Ping一括送信委託↓
Pingoo!

↓ネットでDVDレンタルできちゃいます↓
DMMレンタルサービス

映画ノート一覧

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
 こんばんは!

 すっかりジェシカ・ビールにはまったようですね(笑)。意外と肉体派女優と言いますか・・・実は僕も大好きです!最近新作が公開されないのでどうしているのかちょっと心配ですが・・・。
 ジェシカ・ビールを追うなら是非『ステルス』も併せてどうぞ!
 そして『テキチェン・ビギニング』で頭のおかしいホイト保安官にも注目してあげてください!地獄の腕立て伏せは必見!?
蔵六 URL 2007.02.13[Tue]22:33:56 編集
ほほぅ
蔵六さん、TB&コメントありがとうございます。

えっと…めっちゃいい情報じゃないっすか!!
100%観ますwステルスは見る気がなかったんですけどね…。
こんな良情報を頂いたら…観ないわけにはいきませんね!
ビギニングもあわせて観て見ます。
ありがとうございます。
東亜 2007.02.14[Wed]18:55:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『テキサス・チェーンソー』
 あの大傑作『悪魔のいけにえ』をリメイク?  傑作になりえなかった映画を後にリメイクするのなら話は分かるが、博物館で保存されるほどの至高の傑作を何故作り直す必要があるのか?リメイクしてもオリジナル以上のものは出来えないのだから作る必要は無いのでは?  そ....
URL 2007.02.13[Tue]22:27:54
忍者ブログ [PR]