忍者ブログ
日々生活をしている中で色々な情報が入ってくる。 その情報の中で気になったこと、ちょっと書き留めておきたいことを載せていきたい。 中心は映画の感想。他にサッカーとか音楽・漫画とか…。 とにかく、色々感じたことを書き留めておく。
[105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

yamato
男たちのYAMATO

ジャンル:戦争

監督   :佐藤純彌
製作   :角川春樹
製作総指揮:高岩淡
      広瀬道貞
原作   :佐藤純彌
脚本   :佐藤純彌
音楽   :久石譲
出演   :反町隆史(森脇庄八)
      中村獅童(内田守)
      松山ケンイチ (神尾克己)
      渡辺大(伊達俊夫)
      内野謙太(西哲也)

キャッチフレーズ:
もう会えない君を、守る。

評価:6点

感想:
まぁ。。。う~~ん。。。う~~ん、こんなもんか。。。
ってな具合ですw
内容は、戦艦大和を舞台とした戦争ものです。
よくある、あらすじなので省きます。

率直な感想は「いい映画ではあったと思う」っていう感じかな。
ただ、内容が内容だけに「もっといい映画が作れたのでは?」
という疑問符がついてしまうかなぁ。。。
題材がいいだけにもったいないです。
なんか、印象の薄いまとまりの無い映画かなぁ~。
っていうのは、ストーリー的、あちこち手を出してしまい
もぅまとまりが聞かなくなってしまった感が否めないです。

特筆すべき点は「2点」。
1点目は、中村獅童が良かった。さすがと思わせる
カリスマ性、人間性が演技から十分伝わってきました。
周りの演技がいまいちだったので、なおさら光りました。
(反町さんは。。。 【●´Д`】=3 ハァ。。。ですw)

2点目は、分かりやすいメッセージ性。
これが、まぁ一番良かったと。。。
「戦争はむごいことを後世に伝えなければならない」
「生きる大切さ」
とか、戦争には欠かせないメッセージ性がダイレクトに
出ているので、分かりやすくいいと思います。

まぁ、これくらいかな。個人的には。。。
世間の評価は「駄作」だとか厳しいものが多いと思いますが
個人的には「駄作」まではいかないと思います。
ところどころ、内容の重いシーンがあったり
ぐっとくるシーンもありました。
なので、まぁそれなりの作品だと思います。
また、総制作費が話題となっていて「いい挑戦」だったと思います。
今後、ハリウッドっぽくはなって欲しくはありませんが
日本らしい、日本のお金の使い方で「いい映画を作る」挑戦の
一歩ではないでしょうか。

漫画と、原作となった小説があるので、機会があれば
そっちも読んでみたいと思います。

最後に「長嶋一茂」は必要なのか!?
脚本に疑問が残りましたw

東亜のノート一覧
映画ノート一覧
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
大和はどのくらい強かったのか?!
大和型戦艦は日本海海戦での勝利を背景に、大艦巨砲主義の下に建造され戦艦としての戦力は他国を圧倒しており、単艦で大和に対抗しうる戦艦は現代に至っても存在しないと思われる。 よく大和のライバル的存在としてアメリカのアイオワ級が引き合いに出されるが16インチ砲と..
URL 2007.02.18[Sun]15:44:43
忍者ブログ [PR]